​1ピクセルを遊ぶ

昔のカメラマンのようにもなりたくないし、いまどきの適当なカメラマンにもなりたくない。だから誰かを目指すというよりも、常に自分を成長させることが大事だと思うんだ。だから型に嵌らず1ピクセルから遊んで楽しむ。写真はオイシイ!

​カメラマンとしてのポリシー

イベント撮影、パーティ撮影ほか、ウエディングの撮影現場では皆さんに分からないでしょうが・・・

実はそれなりに高い金額を頂いているのに、編集現場をみたらこんな雑な編集でいいの?と、ある日の現場で思いました。確かに型にはめた写真は撮れているんだけど、どの写真にもストーリーなんてものは一切なく、一気にまとめて適当に微調整を施し納品?!

その写真に愛情は?それでカメラマン?そんなことを心の中で叫び、そうした型にはまった写真は撮らないことにしました。また、海外のフォトグラファーの作品をSNSなどで簡単に見れるようになった今、みればみるほど日本、もっと勉強しないといけないでしょ!と思うようになりました。

だから写真で遊び、1枚1枚丁寧に仕上げています。

​営業は人

メールや電話、飛び込み営業などなど色々手段があるのかもしれませんが、基本的にそうした営業はいまのところ行っていません。ときどき実験的に試す程度です。営業を何故しないのか?それは、皆さんが安心を求めているからです。実績と人間性、その企業をみていらっしゃるからです。僕の営業はお客様からお客様に繋いでいただいてます。オイシイ写真は、そう!行列の出来るラーメン屋と同じく人づてで広がっています。

プロが撮れる写真の先がみたい

ありとあらゆるところにある広告写真。街に出れば電車の中、デパートの周辺とにかく広告写真で埋め尽くされていますよね。家の中でも、ポストを開ければチラシの広告、雑誌を開いてもスマホを開いても広告。その先にある写真。それは音楽で例えるなら、流行の音楽ではなくアーティストの音楽だ。キャッチフレーズが先にある広告ではなく、写真から自然とキャッチが沸いてくる写真撮影が僕の世界だ。

Ushun

Item
    Shop

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.