• Ushun

レタッチの必要性とは?


広告は勿論、最近は個人の表現としても・・・特にインスタグラムをはじめとしたSNSではインスタ映えといった言葉があるように、ただ写真を撮るのではなく、撮った写真をいかに可愛く、あるいはかっこよくアップして魅せるか?がんばっていますよね!


とりわけ今回、僕はこのブログで僕個人のレタッチ編集の必要性について考えてみたいと思います。


表紙の写真。まぁこの写真もしっかりと編集してありますが、これをクリアで通常の写真としてお話をすすめます。


目で見ている生々しい雰囲気、その場の臨場感を伝えたいときは、この写真のような仕上げ方をしています。音楽をはじめとしたライブの撮影だけじゃなく企業のイベントやその他ドキュメンタリーな写真を求められたときは僕はこのように表現することが多いです。




一方で、生々しさよりも写真に被写体の印象を盛り込んだ写真を求められたときは、例として2枚目の写真のようにレタッチしています。ダイレクトな生々しさは減少しますが、その代わり雰囲気が柔らかくなった分、気軽に手に取って見れる?そんな写真に変わりました。


あくまでも個人の印象だから、表現が正しいかどうかわからないけど・・・として、

分かりやす簡単に言うなら、一枚目は肉体的で2枚目は脳内的と言えばいいのかな?

肉体的な写真は目で刺激を受けた後、脳内で想像したり考える写真。で、もう一枚は、目で同じように捉えているんだけれど、先に考えたり想像して被写体を知ろうとする写真。そう思います。


なので、レタッチっていうのはとても重要です。カメラマンの中には嫌がる人も結構います。が、自分で出来るのならやったほうがいいし、勉強した方がいい!僕はそう思います。もし編集がどうしてもやりたくない人は、レタッチスキルのある人にお金を払ってでもやっていただいた方がいいでしょう。


なぜなら、同じ写真でもまったく訴え方も表現も変わりますし、もしこれが趣味ではなくクライアントが絡んでいる場合には、相手がその写真で何をしたいのか?何を対価として買おうとしているのか?を知らないといけないからです。知らなければ結果的に撮影代金が高いと感じる人も出て来て、それは客離れになりおかわりのないまま別のカメラマンを探すことになりかねません。なので、レタッチはカメラマンにとってとても重要です。


モデル:Sabarikain(サバリカイン)

協力:ROSSO

42回の閲覧

Ushun

Item
    Shop

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.