• Ushun

レンズから学ぶ


オールドレンズの話ばかりでごめんなさい。

僕は、オールドレンズを使えるようになって本当によかった!そう思っている。


ひとつは、オートフォーカスに頼らずマニュアルで写真を撮ることが出来る様になったこと。動く被写体を撮るには不便だけど、ポートレートをはじめとした静止した被写体を撮影するのにマニュアルでコントロール出来るのと出来ないのでは、画角からしっかり考えるようになるので本当にいい勉強になっています。そしてもうひとつは、色。カメラに解像度があるようにレンズにも解像度があって、やはり現在のレンズの方がシャープで鮮明、優れています。が、使い方とか場面によってそれが望ましくないこともあったりするんだよね。



例えば、高級ブランドバッグと安くて今どきの若い女性向けのブランドのバッグを同じ環境で撮影したとき、その違いを表現しにくいんじゃないかって思っています。


写真はきれいなんだけど、奥行きというか質感というか・・・そういうものがなかなか表現されていないのではないか?って思っています。


その点においてオールドレンズの場合は、解像度が今のレンズと比較して優れていないので、シャープではないけど、クセが多いからなのか?奥行き?質感が溢れているんですよね。なんだろ?高級ブランドであれば長く大事に使いたい!という感じのイメージの写真になる。安くて今どきの若い女性向けのブランドバッグだったら、使いこんだ、馴染んだ鞄。そんな雰囲気になる。そう思っています。



それぐらい色、表現力が変わるのがオールドレンズだって思います。

そしてその色の勉強が、現行のシャープで解像度に優れたレンズを使って撮影した写真でもより表現が増え、スタイルに幅を持つことが出来ます!


写真は全く関係なく、今日もプリームちゃん!

レンズはヘリオスです。


5回の閲覧

Ushun

Item
    Shop

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.