• Ushun

何故明るいレンズを選ぶのか?


この季節、前回写真をはじめるなら今だよ!なんてお話をしましたが、今日もそれにちなんだ写真をアップします。


七五三でも運動会でも広告写真でも、仕事では基本絞って撮影しているけど・・・作品撮りをはじめ、好んで撮影している写真の殆どは開放で撮影することが多いかな。


統計なんて取ったことないけど・・・たぶん今明るいレンズが人気あるのは、暗いところでも撮影がしやすいという理由のほかに柔らかいボケが心地よく写せるからじゃないかなぁ?


そのかわりというのも変だけど、f値が小さければ小さいほどピントがかなり狭くなるので、なかなかバランスの取れた写真って撮りにくいのもあるけど。。。


それでもハマッたときの感動は、スマホとかじゃまず撮れない写真なので、心の中でうおぉ!!って唸ります。


上の写真も絞って撮影していたら、何の面白みもない味気ない写真になっていたと思います。


そうだ!ボケを使う理由があります。

それは1枚の写真でどのようなストーリーを描きたいか?を吹き込むためです。

それは光のコントロールでもあるけど、ボケのチョイスの仕方でその写真の物語に奥行きが増します。そういった意味でもやはり明るいレンズは表現力の自在性が広がると思います。


僕も皆さんも、紙で写真を楽しむというより今はインスタをはじめとしたSNSで楽しむため、基本スマホやPCといったディスプレイで楽しむ時代。


アップルの影響が大きいのかどうか?分からないけど・・・ここ数年の広告のほとんどはエッジがパリッパリなディティールの強い写真が主流。その影響もあってか?カラフルでボケのない写真がインスタ映えという言葉と流行ましたよね。



しかし、そんなアップルをはじめとしたスマホメーカーもボケを表現出来るカメラ機能を本格的に搭載してきました。ということは、おそらくこの先ボケの表現、ボケのコントロールが非常に大事になってくる?そう思っています。


新しいスマホだけじゃなく、最近のミラーレスもボケは楽しめるので、是非皆さん明るいレンズでボケを活かしストーリーを描いて写真を楽しんでみてくださいね。




8回の閲覧

Ushun

Item
    Shop

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.