• Ushun

光を楽しむ=完成をイメージして撮影


よく、僕がお手伝いで参加させていただいたり、学ぶ側として参加したワークショップなどでも講師のフォトグラファーさんが『完成をイメージして撮影してください』と言われます。


この場所、この光で、この色で、自分はどんな作品を撮ろうとしているのか?それをイメージしてシャッターを切る。1枚撮っても、10枚撮っても、もし自分のイメージに近くないmのなら、近くなるまで撮影を繰り返す。近づく方法を考え、何度も挑戦し、諦めず撮影すること。と教わります。



本当にそれ以上でもそれ以下でもなくそれしか上達する方法がみつからないのが写真。


カメラの機能に任せたり、アプリ機能に任せたりと、各カメラメーカーやアプリメーカーのエンジニアが理想としている色や光で撮るのもベースとしては大事かも知れないけど、それはその人らが作り出した基準値で、撮影している人のみている世界ではないんですよね。#ファインダー越しの私の世界 というハッシュタグを使うことを考えると、やはりマニュアルで撮影して自分だけの1枚を目指してしまう。


そのオリジナルな一枚の写真を撮影するのに、答えのない旅といえばいいのかな?

とにかくカメラで遊んでる。日中なのに夕方のように撮りたい!水を止めたい!あるいは白い糸状にして撮りたい!被写体をぶらして撮りたい!被写体以外をぶらして撮りたい!一部分だけ色を入れたい!


シャッタースピードとF値そして感度からなる三角形を楽しんで、更にストロボを使って人工的な光を調整して三角形をサポートする役目として使ったり、演出として使ったりして光を楽しみながら写真を楽しむ。今日も実験して経験値を積み上げます。


撮影場所:ノーザンホースパーク(3枚目) 





5回の閲覧
Item
    Shop

Ushun

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.