• Ushun

写真が上手くなりたい?


歌や楽器でも同じことが言えるのかなぁ~って思うけど、

だいたいの人が写真が上手くなりたい!って言います。と表現します。


言葉だけみると目的がはっきりしているように感じますが、この上手くなるという表現は、2通りの意味を持っているんじゃないかな?って思います。


写真が歌や楽器と同じで上手くなるの意味が2通り???一体どういうこと?


それは、スタジオミュージシャンを目指しているのか?アーティストを目指しているのか?っていうことです。



スタジオミュージシャンは、譜面どおりキッチリとした音を演奏します。またメインボーカルのバックバンドとして演奏しているので、目立ってはいけないポジションとなります。これがスタジオミュージシャン。


アーティストは、スタジオミュージシャンのようにキッチリとした演奏をする人もいるけど、どちらかといえば荒削りというか音に勢いとかムラっ気があったりします。なんだろう・・・下手ウマっていう表現が昔からあるんだけど、まさしくソレ!!ハンパなくスキルもあるけど、そのスキル以上に音の主張がある人、音や歌の説得力、個性が強く周りから評価されている人がアーティストです。


写真も同じっていうのは、このどちらを目指したいのか?っていうことです。

僕は後者。写真で表現したことが、人の表面だけじゃなく内側にあるから。衝撃も入れたい。その衝撃で人に影響を与える。そんなことをしてみたい。たかが僕の人生だけど、その見てきたもの、経験してきたこと、今も毎日構築している自分のルールや感性をたった1枚の写真に作りこみたいから。



皆さんはどうでしょうか?

上手くなりたい!!!それは、スタジオミュージシャンのようにどんなジャンルでも対応しちゃう音職人=スタジオカメラマン?

それとも、スタジオカメラマンのようにどんなジャンルもキッチリ撮影出来ないけど、このジャンルを撮らせたら、誰にも負けないと自負するアーティストフォトグラファー?








6回の閲覧

Ushun

Item
    Shop

Mail: yusyun2015@gmail.com      Tel: 080-5973-5757

​東京都渋谷区恵比寿西1-17

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© Ushun2018 All rights reserved.