top of page
検索
  • 執筆者の写真Ushun Kitahara

音楽の季節がやってきた


渋谷区恵比寿で人気の出張撮影カメラマンUSHUN.東京の音楽の写真

桜も落ちつき、新緑が目に優しくて心地よい季節になってきました。

心地よく感じるということは自然と身体も軽くなるので活発的に何かやろう!何か楽しもう!そんな気分にさせてくれます。 そんなテンションが前向きな今こそ、外に出てアクティヴに動いてみてはいかがでしょう?


その中でも手っ取り早く気持ちよくなれてしかも美味しいお酒が更に美味しくなる音楽の話を今日はお届けです。


音楽って言うのはさ、きっと昔から人の気分を高揚させるものなんだろうね。 感情を表す音。自然界に存在する音。生活の中に響く音。音は生活の中で欠かすことのないものなんだよね。 とはいえ空調の室外機の音を聴いたところで何も楽しくない。なんせこれからの季節だとただ暑苦しいだけなので、やっぱり新鮮で心地よい音は街で探すに限ります。 街には音楽がいっぱい。


一歩外に出れば街は音楽だらけだ。

駅ひとつとっても、駅のホーム。電車の中。駅前に連なる大型ビジョン。

商店街に流れる音楽、メイン通りを大音量の音楽を流しながら走る広告トラック、学校の中から漏れる吹奏楽の音楽、子供たちが歩きながら歌っていたり、公園でダンスの練習で音楽を鳴らしていたり。。。とにかく街には音楽がいっぱいある。 きっとそれらの音のほとんどは一部の人を除いて、特別望んでいる音ではなので素通りしてしまうでしょう。 一部の人になろう! 音楽と写真が共通しているのはこの点だ。

必要としているのは一部の人だけで、ほとんどの人はそれを必要としていないことなのだ。

例えば七五三などで撮影した家族写真はそのご家族にとっては大事な写真で、心を豊にしてくれるもの。だけど家族以外の殆どの人にとっては特別必要なものではないので感動もないんだ。さっき話した音楽もまた同じで、大型ビジョンでMVが流れてたとき一部の人には感動を与えるけど、殆どの人にはただの音であり響かないものなんだ。 音楽も写真もその人それぞれに好みがあるから、やっぱり街で好みの音を見つけないと楽しくなれない。 無駄に歩いても見つからない?だるい。


そりゃ、何も考えずに動いたらそうだろうね。

そんな無駄なことはしなくていい。今はネットSNSとかユーチューブとかあるじゃない。

それで調べてから行くほうがいい。


アニソンやレイヤーが好きな人が集まるライブやイベント。アイドルが好きな人のライブやイベントもあれば、JPOPが好きな人、R&BとかBLACK、HIPHOPが好きな人が集まるクラブのハコやイベント、レゲエ、ロック、EDM、JAZZなどなど自分の好む音が必ずあるからそれを見つけて出掛けるんだ。そうすれば今までほとんどの人だった自分が一部側の人になれるんだ。 好みが合うって言うのは人間とても大事。

結婚相手と食の好み、笑うツボ、セックスの相性が合わなかったら、まず長続きしない。

美味しいよね~。面白いよね~。気持ちいいよね~。が共有できないのは苦痛でしかないからだ。


ネットで好みの音をみつけ、その会場に出掛け、その場に集まった人に軽く話しかける。

共通の話題が溢れる場所で、この音楽のここいいよね~!これ気持ちいいよね!がひとつふたつみっつとみつかったら最高に楽しいはず! 暖かくなった今、音楽の季節ならではの健康法!! みなさん、街に出掛けようね。そして新しい出会いと仲間を作って新鮮なひとときを楽しんでください。人生は長くない!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page